うつ病の鍼灸施術について

 

一鍼一灸堂大塚鍼灸治療院には

さまざまな症状を訴える方が来院されます。

 

近年特に『うつ病』を代表とした

こころの病の方も多く来院されます。

最近ではコロナうつ、などという言葉も出てきましたね。

 

鍼灸施術は

病院でいうところの肩、ひざ、腰のような

整形外科疾患のみならず

自律神経症状などにも

有効であるとWHO(世界保健機関)からも

認められています。

 

 

うつ病・うつ状態とは

現代社会は『ストレス社会』といわれるように、うつ病やうつ状態になる方が増えています。

人間はだれでも強い不安や悲しみに直面すると一時的に『うつ状態』となります。

その『うつ状態』が日常生活にも影響を及ぼすようになると『うつ病』と診断されます。

 

『うつ病』はいろいろな症状がありますが代表的なものとして

身体症状

・肩こり、首こり、腰痛などの筋肉の緊張

・からだのだるさ

・不眠

・食欲不振

・動悸

・疲れがとれない

などが挙げられます。

 

精神症状

・不安感が強い

・やる気がでない

・イライラする

・寝つきが悪い、眠れない

・緊張してしまう

などが挙げられます。

 

現代医学的な『うつ病』の治療

いわゆる現代医学では薬物療法が中心となります。

脳内の神経伝達物質の不足や機能不全と考えられることが多く

それに対して抗うつ薬などの薬を処方されます。

薬物療法では副作用が出てしまう方や妊娠の可能性のある方など薬を

避けたい方も多くいらっしゃいます。

 

東洋医学的な『うつ病』の治療

鍼灸施術を行なう、いわゆる東洋医学では

こころとからだはひとつである、(心身一如)という考え方が基本です。

『うつ病』は精神科、肩、ひざ、腰は整形外科というように部位で診る

現代医学とは異なり、からだ全体のバランスを整えるという考え方が東洋医学の考え方です。

当院では様子を聞いて薬を処方するだけの短時間の診察が多い病院とは違い

よくお話を伺いリラックスした状態で施術をすすめていきます。

自律神経の調整に有効な施術や心地よくからだを温める施術が中心です。

施術室はリラックスできる音、室温、など『場』にこだわっております。

 

喜びの声をいただいております

Q 鍼灸治療を受ける前にどんなことで悩んでいましたか?

A ・眠れない 眠れても眠りが浅く疲れが取れない状態でした。

 

マッサージや整体に通ってみてもなかなか不眠の症状は改善されませんでした。

鍼灸は痛みだけではなく自律神経を整えるということは知っていたので

行ってみようと思ったところ貴院のフェイスブックで治療を受けられた方の「よく眠れた」という

コメントを見た事がきっかけとなりました。

 

実際に治療を受けた初日に久しぶりによく眠れ感動しました。

凝り固まった肩の筋肉がゆるみ、楽に過ごせるようになりました。

(上記のアンケートは一切やらせなしの回答です。効果は個人差があります)

 

20年来のうつ病で投薬を受けていましたが好転せず薬を飲み続けることの不安もありました。

 

一度の施術で腕の症状がなくなったことには本当に驚き喜んでおります。

施設も清潔で安心でき何より先生がよく研究され熱心でおられることに感動しています。

今後も自律神経の改善、全身の健康の為に治療をお願いしたいです。

(上記のアンケートは一切やらせなしの回答です。効果には個人差があります)

アクセス
025-772-4411